体臭 自覚 方法

自分で体臭を自覚させる方法についての説明

スポンサーリンク

体臭というものは他人から指摘が合って始めて自覚するケースが多くなっており、自分自身では特に意識をしていない傾向があります。
そこで自分自身でそれを自覚するための方法として、主にどういったものがあるか紹介していきます。
1つめの方法としてお風呂上がりに試せるやり方があり、それは自分の衣類の匂いを嗅ぐものとなっています。
基本的にお風呂に入って体を綺麗にすることによって、人は無臭状態になることが多いです。
その効果や作用を利用して、入浴後に先ほどまで自分が来ていた衣類の匂いを嗅いていきます。
ここで特に不快な匂いなどを感じなければ問題はなく、体臭ケアについて十分であることが証明されます。
しかし逆に汗の匂いなどが発生した場合においては、自分の体から嫌な匂いなどが出ていることになります。
その場合には多少匂い対策をする必要があり、制汗シートを使って汗を拭く習慣を作るなどが不可欠となります。
こういった対処法をすることによって、自分の体から嫌な匂いが発生するリスクが減っていきます。

スポンサーリンク

 体臭の確認や自覚するための2つめの方法として、自分の唾液をこすってその匂いを嗅ぐといったやり方があります。
この方法はあまり体臭よりも口臭の確認するためのものと考える傾向がありますが、実は自分の匂いを調べるにうってつけのやり方です。
ここでただ匂いを嗅ぐのではなく、手や指でこすってから嗅いで行くのがポイントとなっています。
この時点で特に変な匂いがなければ問題ありませんが、何らかの異常が合った場合には注意が必要です。
その時には体から何らかの匂いが発生している可能性があり、自覚症状が無いうちに他人に不快感を与えていることがあります。
こういった場合における対処法についてですが、自分の食生活を見直すことが重要となります。
アルコールや偏った食事を続けることによって、それが自然と嫌な匂いを発生される原因となることが多いです。
ですのでこういった食生活を改善することによって、自分の体臭をよりより方向に治すことが可能となっています。

スポンサーリンク