妊娠 体臭変化

妊娠後の体臭変化の対処法

スポンサーリンク

妊娠をした際の身体の変化の一つとして、嗅覚が敏感になりいろいろなにおいに反応するようになります。
つわりの時期には苦手なにおいだけで吐き気をもよおすなど体調が悪くなる方も多いです。
食べ物やタバコ・お酒のにおいだけではなく、まず自分自身の体臭が気になるようになります。
実際に体臭変化は無くても、敏感になっているだけでにおいがきつくなったと勘違いされる方もいます。
ご家族や身近な人に確認していただくのも良い方法です。
しかし実際に妊娠中は体臭を変化させてしまう要因がいくつかあります。
妊娠するとホルモンバランスが劇的に変わります。
体質が変わり急に腋臭になることもあります。
お腹の中に赤ちゃんがいるということは成長する毎に内臓が圧迫され。
さらに腸が圧迫され便秘がちになります。
便秘は身体の中に老廃物が溜まるので体臭に大きな影響をもたらします。
つわりで食事量が減ったり圧迫により便意を感じにくくなったりするのも原因です。

スポンサーリンク

便秘薬に頼りたくない方は身体に安全なオリゴ糖を摂取しましょう。
オリゴ糖は出産後も赤ちゃんの便秘の際に使用できます。
さらに妊娠中はおりものが増えたり後期を過ぎるとお腹が大きくなり尿漏れもしやすくなります。
分泌物が多いときはおりものシートやナプキンを小まめに取り替えて清潔を保ちましょう。
妊娠中期からは体重が増加して体温も高くなるので新陳代謝が活発になり汗をかきやすくなります。
汗が皮脂と混ざると雑菌が繁殖し体臭に繋がります。
よりお腹が大きくなると柔軟な体勢がとりづらくなり洗髪や身体の隅々の洗浄が行いにくくなります。
ミョウバンや渋柿の成分が配合されたボディーソープで洗浄するとにおいに効果的です。
できる限り小まめに洗浄することを心掛けましょう。
体臭が気になるからといって強い香水で誤魔化すのはやめましょう。
強い香水の香りが苦手な方もいらっしゃいますし、香水と体臭が混ざるとさらに悪臭を放ちます。
外出先でも手軽に使用できる汗拭きシートや除菌シートを常備しておくと安心です。

スポンサーリンク