体臭 病気 生臭い

生臭い体臭がある場合に考えられる病気について

スポンサーリンク

体臭は、実の所体調を把握するバロメーターとしての役割も果たしています。
通常とは明らかに異なる臭いがした場合には、特定の病気や内蔵機能の低下などが関わっていることが最近では指摘されているのです。
このような繋がりを把握しておけば、自分や家族の健康管理に役立てることが出来ます。
その時点で疑われる病気や不調が具体的にイメージ出来るため、医療機関の受診もしやすくなるのです。
例えば、生臭い体臭がある場合には肺や大腸の病気が疑われます。
こういった臭いは、肺や大腸に存在しているリンパ管の機能が低下することで生じてくることが多いのです。
通常はスムーズに分解される肉や乳製品、魚などの脂肪が、スムーズに分解されず、臓器に溜まってしまうことで生臭い体臭が起こってきます。
このような食品の脂分が肺や大腸に蓄積し、独特の腐敗した臭いを発するのです。
肺や大腸は特にリンパ管の多い部分であるため、この部分にトラブルがある可能性は高いと言えます。

スポンサーリンク

このような生臭い体臭は、脂分の取りすぎによっても生じることがあります。
リンパ管の処理機能を超えた脂肪が取り込まれることで負荷がかかり、処理が追いつかなくなるのです。
従って、この場合には食事の内容を工夫することで、生臭い体臭を改善出来る可能性があります。
臭いの元となる物質は汗をかくことで体の外に排出されます。
ですので、食品の力を利用して意識して汗をかいてみるというアプローチが功を奏するのです。
汗を促す食品としては、例えば生姜やネギ類が挙げられます。
こういった食品を食べることで体が熱くなり、汗ばむようになります。
このような形で少なからず臭いの元を排出することが出来るのです。
また、キノコ類には脂肪を始めとする内臓の老廃物を除去する働きがあるため、やはり臭いを抑えるために一役買ってくれる食品となります。
このような食事の工夫をすると共に、肺や大腸の検査も念のために受けておくことが大切です。
特に中高年世代の場合には、様々な病気のチェックをしておくことが必要になります。

スポンサーリンク