体臭 甘い匂い 病気

体臭が甘い匂いの時は病気の可能性も考え医療機関に相談しましょう

スポンサーリンク

体調が悪化すると体臭が変化することがあります。
なかでも体臭が甘い匂いに変化した時は注意が必要です。
体から甘い匂いがするようになる病気として代表的なのが糖尿病です。
健康な状態では膵臓のランゲルハンス島と呼ばれる部分からインスリンが作られるため、血糖値は一定の状態に保たれています。
しかし糖尿病では体内で作られるインスリンの量が減少するため、血液中に徐々にケトン体と呼ばれる物質が増加していきます。
このケトン体が体内に増加すると、徐々に体から甘い匂いがするようになります。
また極端なダイエットを行った際にも体から甘い匂いがするようになります。
ダイエットでは血液中の血糖が極端に不足するため、脂肪酸がエネルギーとして使用されるようになります。
しかし脂肪酸はすぐには利用しにくい物質なので、肝臓でその多くがケトン体へと変化します。
その結果、体から甘い匂いがするようになります。
体臭が変化しても病気とは限りませんが、そのような時は医療機関で検査を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

体臭の変化に気付いたら、医療機関で血液検査を受けてみましょう。
糖尿病では血糖値の数値とヘモグロビンa1cの検査値に注目します。
血糖値の数値やヘモグロビンa1cの数値が高いときは糖尿病の疑いが強くなります。
検査項目の数値が高い場合はより精密な検査を行うようにしましょう。
検査の結果、匂いの原因が糖尿病によるものと判明した時はすぐに治療を開始するようにします。
また糖尿病ではなくとも、その予備軍と診断された時は日常生活を改善するように努めましょう。
糖尿病であってもその予備軍であっても、生活習慣を改善すれば徐々に血糖値の数値は低下していきます。
血糖値の数値が低下すれば匂いも次第におさまってきます。
血糖値が正常な場合は、過剰なダイエットなどによる栄養バランスの乱れが匂いの原因と考えられます。
ダイエットを行っている際に体から匂いがするようになったら、それは体からの危険信号です。
誤ったダイエット方法は体調を崩す原因となります。
ダイエット中に体から匂いがするようになったら、すぐにダイエットを中止し医療機関で相談するようにしましょう。

スポンサーリンク