体臭 アンモニア臭 病気

体臭がアンモニア臭に変った時には病気の可能性があります

スポンサーリンク

体臭は、体の健康状態を把握する上でも重要な役割を担っています。
体調や食生活などによって変化することもあり、自分の生活を見直すためにも役立つものなのです。
従って、これまでとは明らかに臭いが変ったという場合には注意が必要になります。
特に危険なのが、アンモニア臭が感じられるようになった場合です。
このような場合には腎臓の病気の可能性があり、医療機関で専門の検査を受ける必要があります。
アンモニア臭は腎臓の機能が低下して、通常尿として排出される老廃物が汗腺から排出されることで発生します。
ですのでこのような症状が現れた場合には、腎臓に何らかのトラブルが発生している可能性があるのです。
また、アンモニアの分解を担っている肝臓に異常がある場合もあります。
この場合分解されないアンモニアが体に蓄積すると、時に重篤な脳症を引き起こすこともあり危険です。
従って単に体臭の問題として片付けず、健康状態を詳しくチェックしてもらう必要が出てきます。

スポンサーリンク

こういったアンモニア臭の他にも、体臭には様々な病気の兆候が見られることがあります。
例えば、肝臓機能が低下した時には独特の腐敗したような臭いが発生することがあります。
様々な有毒物質を肝臓で処理が出来なくなると、血液と共に体内に運ばれて汗として体外に排出されるのです。
また、糖尿病の場合には甘い臭いがすると言われています。
この場合も特有の物質が血液に取り込まれることによって、体臭として現れてくるわけです。
人間の排泄機能は、通常はそれぞれのバランスを保って働いています。
ですが、こういったシステムが何らかの原因によって乱されると、時に様々な異常が現れてくるのです。
体臭はそういったトラブルを発見するための一つの材料として利用することが出来ます。
最近では自分の臭いを気にする方が非常に増えていますので、このような病気の発見も比較的しやすくなっていると考えられます。
本人や身近な人の日頃の注意が病気の早期発見に役立つのです。

スポンサーリンク