体臭 甘い ミルク 原因

甘いミルク系の体臭のする原因とは

男性の方も女性の方も体臭には気を使っていると思います。
その為、色々な制汗デオドラントなどを使って臭いを消していると思いますが、ミルクのような甘い臭いの体臭をしている方がいます。
ミルクのような甘い臭いの体臭はどんな事が原因となっているのでしょうか。

スポンサーリンク

【甘いミルク系の体臭がする場所】
体臭がする場所は首元や耳の後ろなどが多くなっております。
このような臭いは、それほど強い臭いではないので、周囲の方にはあまり気が付かれないケースが大半を占めています。
自分自身では、なかなか気がつかないことが多いのですが、恋人など近くにいる方からの指摘されて初めて気が付くと言うケースが多くなっております。
【甘いミルクのような臭いの原因】
甘いミルクのような臭いの原因と言われている病気が糖尿病です。
糖尿病になってしまうと、脂肪組織から遊離脂肪酸の放出量が増加してしまいます。
その結果、体脂肪が脂肪酸に変化してしまい、変化した脂肪酸がケトン体に変化します。
その結果、甘いミルクのような臭いがするようになってしまうのです。

スポンサーリンク

【無理なダイエットが原因かも】
甘いミルク系の体臭がする原因は糖尿病が原因というだけでなく、無理なダイエットなどが原因の可能性もあります。
特に低炭水化物ダイエットをしている場合には、脂肪酸がケトン体に変化しやすくなっておりますので、甘いミルクのようなニオイがするのです
。このケトン体は、ブドウ糖の代わりに体脂肪がエネルギー源として燃やされた時に残留物として出来ます。
ブドウ糖の代わりに体脂肪がエネルギー源として燃やされた時に、残留物として生じます。
低炭水化物ダイエットなどによって糖の摂取量が少なくなっていると、脂肪酸が通常のようにエネルギー利用されないので、肝臓でケトン体に変わりやすくなります。
その結果、ミルクのような甘い体臭になるのです。

 

今回紹介した以外にも、甘いミルクのような体臭は、ストレスが原因の可能性もあります。
ストレスによって、胃腸の働きが弱くなってしまうと、アンモニアを分解する能力が低下してしまいます。
その結果、汗として排出されたアンモニアが汗と混ざり合って、甘いミルクのような体臭になるのです。

スポンサーリンク