体臭 病気 何科

酷い体臭の病気は何科を受診すればいいのか

体臭は、病気など体調の変化をわたし達に教えてくれます。
その為、普段よりも体臭が強いような場合には、なんらかの病気になっている可能性がありますので、病院の何科に行くのが良いかは、事前に知っておくようにしてください。

スポンサーリンク

【何科に行けばよいのか】
強い体臭がした場合には、何科をしたらよいのかというと、病気によってかかる科が違ってきてしまいます。
その為、どのような病気が原因の体臭なのかわからないような場合には、検査環境の整っている総合病院へ行くようにしてください。
インターネットの情報を鵜呑みにしてしまって専門病院に行くと、この病院では対応できないので総合病院の紹介状を書きますなど言われてしまう可能性があります。
その為、際世は総合病院に行くのがおすすめです。総合病院内でしたら、病気によって何科に行けばよいか教えてくれます。
【何科に行くのかは病気によって異なる】
総合病院へ行った時には、まずは受付で体臭の事を話、何科にかかったらよいかを聞いてみてください。
その際に、体臭がしたタイミングであったり、それ以外の体調不良などの自覚症状なども伝えると、より何科に行ったらよいかの判断を正確に行ってくれます。

スポンサーリンク

【体臭の種類によって病気を探る】
体臭によっては病気の種類の検討をつける事ができます。
甘い臭いがする場合には糖尿病の可能性があます。
アンモニア系の臭いがする場合には腎臓病の可能性があり、卵の腐ったような腐敗臭がするような場合には胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気の可能性があります。
ドブやカビのような酷い臭いがするような場合には肝臓病の可能性があります。
脂臭い場合には皮膚の病気の可能性があります。生臭い場合には肺の病気の可能性があります。
魚の腐敗臭の場合には魚臭症などの可能性があります。
このように臭いの種類によって原因も全く異なっておりますので、何科での治療になるのかも変わってきます。

 

体臭の種類によって症状がこれだけ違っていますので、ひとつの病院では対処しきれません。
ある程度、確信があった場合でも、最初は総合病院に行く事をおすすめします。
受付などでは自分の体臭の種類などをしっかりと伝える事ができれば、その後の治療もスムーズに行きますのでおすすめです。

スポンサーリンク