足の裏 臭い 取れない 対処法

足の裏の嫌な臭いが取れない時の対処法

スポンサーリンク

足の裏の臭いが取れないと悩んでいる方も多いと思います。
毎日お風呂に入ってしっかりと洗っているはずなのに、どうしても足の裏の臭いが取れない時には、正しい対処法が必要かも知れません。

 

【足の裏の取れない臭いがすする原因とは】
足の裏の取れない臭いの原因となっているのは汗と雑菌です。
実は汗には臭いがありませんが、足の裏などは雑菌や皮脂などが沢山ある部分ですので、雑菌や皮脂などと汗が交じり合ってしまうと、あの足の裏の強い臭いがするようになってしまうのです。
ワキガの原因になるアポクリン腺は足の裏にはありませんので、取れない臭いとは関係ありません。
皮脂や雑菌と混ざり合う事で臭いが生まれているので、これらに有効な対処法が必要になります。

 

【足の裏の取れない臭いを抑える対処法】
足の裏の取れない臭いを抑える対処法としましては、雑菌や皮脂を増やさないような対処法が必要になります。
直ぐにでもできる対処法としましては、靴下を長時間履き続けない事であったり、こまめに足を洗ったり拭いたり、革靴など通気性の悪い靴を履く時間を減らすなどの対処法はかなり効果があります。

 

スポンサーリンク

 

【同じ靴を履き続けない】
革靴などは毎日、同じ靴を磨きながら着用すると思いますが、靴の中の湿度は80パーセント以上になっておりますので、非常に雑菌や皮脂が増えやすい状況にあります。
その為、しっかりと足を洗ったり、こまめに靴下などをかえるような対処をしたとしても、大元の靴が雑菌や皮脂だらけの場合には、意味が無くなってしまうのです。
同じ靴をずっと使い続けるのではなく、複数の靴を順番に使用するようなライフスタイルにする対処法が有効になります。

 

【辛い食べ物が大好き】
汗の量によって足の悪臭の強さが変わってきます。
その為、激辛ラーメンであったり、激辛カレーなど辛くて汗をいっぱいかくような食べ物ばかりを好んで食べているような場合には、悪臭が強くなる傾向があります。
しょうがやニンニク、トウガラシ、ネギ、キムチなどの食材を意識的によける対処方法も効果的です。

 

足の裏の取れない臭いは嫌なものです。
その為、しっかりと洗うのはもちろんの事、温床となる靴を通気性のよい物にしたり、何足かをローテーションで周すなどの対処方法が有効になりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク