足の裏 白い 臭い 原因

足の裏が白い状態で臭いがある原因

スポンサーリンク

足の裏は普段は中々気にしてチェックする場所ではありませんので見落としがちですが、白い状態になっていたり、臭いが強いような場合には、早目に治療を開始する必要があります。

 

【足の裏の臭いが強く白い状態】
足の裏の臭いが強く、白い状態になっている場合には、白癬菌が原因の可能性が高くなっております。
特に白いだけでなくかゆみがあったり、足の裏の皮膚がじくじくと柔らかくなっているような場合には、白癬菌が原因で臭いが強くなっている可能性があります。

 

【水虫の原因となる白癬菌】
白癬菌は、水虫の原因になるカビの一種になります。
白癬菌は、高温多湿な場所で繁殖します。
足の裏は革靴などを履いていると湿度が常に高い状態になりますので、白癬菌の繁殖にはとてもよい環境になっております。
また、足の裏が白癬菌によって白い状況になってしまいますと臭いもかなり強烈になってしまいますので、一刻も早く足の裏の白い白癬菌の治療を行う必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【足の裏が白いのと臭いは別の原因】
足の裏が白いのと臭いは全く別の問題です。
白癬菌の症状があっても臭いがしない方もいますし、逆に臭いがするけど白い状態ではない場合もあります。
これは、白い白癬菌と足の悪臭が関係していない事を意味しております。
足の臭いの原因となる皮脂や雑菌と、白い原因となる白癬菌は、両方とも高温多湿の場所を好むという事で同時に症状が発症しているので勘違いされている方が多いのです。

 

【対処方法】
一度白癬菌にやられてしまったら、お風呂でしっかりと洗うくらいでは完治しません。
しっかりと薬剤を使って治療する必要があります。
一番確実なのは、皮膚科にいって原因を根本から改善する強めの薬を貰う事です。
市販薬の中でも白癬菌の原因部分に効果のある薬が登場しておりますが、病院で処方される薬よりは効果が薄いものが大半ですので、しっかりと治療するようにしてください。

 

白癬菌の治療が終わったら、雑菌が繁殖しないように靴下を頻繁に交換したり、同じ靴を使い続けるのではなく、複数の靴を交互に履くようにするなど、雑菌や皮脂がたまらないようにする努力をするようにしてください。
足の裏の状況が変わると臭いも落ち着いてきます。

スポンサーリンク