足が匂う 原因 爪が臭い 対処法

足が匂う爪が臭い原因と対処法

スポンサーリンク

最近になって急に足が匂う。
特に爪が臭い時にはとっても不安になると思います。
爪が臭いと気になってからしっかりとお風呂で洗っているのに効果が無い場合には、対処法が間違っている可能性があります。
そこでこちらでは、足が匂う、爪が臭い原因と対処法についての情報をご紹介します。

 

【足の爪が臭い原因とは】
爪切りをしていて足の爪が臭いと思いお風呂で洗っても臭いが落ちない場合には、イソ吉草酸の可能性があります。
このイソ吉草酸は、古い角質であったり、皮脂などを栄養にどんどんと繁殖していく雑菌になります。
この状態で靴下を履いたり、革靴を履き続けている時間が長いとイソ吉草酸の影響で爪の間に入った垢などが強烈な臭いがするのです。

 

【足が匂う、爪が臭い方の特徴】
足が匂う、爪が臭い方と言うのは共通の原因があります。
それは、足の爪が長すぎたり、巻き爪になっているという事です。
足が匂う原因の中でも多いのが爪が臭いという原因がありますが、爪が臭い原因となるのは、爪の間に垢が溜まってしまい細菌によって分解され、臭いが強くなる事が原因となっております。
爪が長すぎる方などはしっかりとお手入れするようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

【足が匂う、爪の臭いが通常よりも臭い時の対処法】
足が匂う、爪の臭いが通常よりも臭い時にはしっかりとした対処法にチャレンジする事が重要になります。
足が匂う、爪の臭いが通常よりも臭い原因は雑菌ですが、雑菌を繁殖させやすい環境を作っているわたしたちにも原因があるからです。
最も重要なのは高温多湿の状況を無くすことですので、通気性のよい靴を意識して着用するなどの対処法であったり、互いの足の指が密着しない5本指ソックスなどを着用するのもおすすめの対処法になっております。
また、同じ靴を長時間、毎日履いていると靴の中に雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので、複数の靴をローテーションで使い分けるのもおすすめの対処法になります。

 

爪の臭いが通常よりも臭い場合には、水虫になりやすい状況になっております。
水虫になってしまうと、しっかりとした薬を使わなければ治りません。
その為、足は匂う、爪が臭いような症状が現れたら、なるべく早く有効な対処法にチャレンジするようにしてください。

スポンサーリンク