体臭 焦げ臭い 原因

体臭が焦げ臭い原因とは

スポンサーリンク

普通の体臭ではなく、焦げ臭い臭いのする体臭がする時があります。
一般的な体臭と違い、焦げ臭いような臭いがした場合には、身体の不調が原因かも知れません。
そこでこちらでは、焦げ臭いような臭いのする体臭の原因をご紹介します。

 

【焦げ臭いような体臭のする原因】
焦げ臭いような体臭のする原因は内臓にあります。
特に胃腸が弱っている状況が続くと、町内の悪玉菌の働きが活発になり、スカトールやアンモニア、硫化水素などの有害物質が発生してしまい、血液に混じって全身に運ばれてしまいます。
スカトールやアンモニア、硫化水素などの有害物質が汗として体外に出た時に焦げ臭いような臭いがする原因となるのです。
内臓の中でも小腸の機能が衰えている可能性がありますので十分に注意が必要になります。

 

【食べ物などが原因の場合】
焦げ臭い臭いのする体臭がする場合には、食べ物が影響している可能性もあります。
例えば肉や魚の燻製、バーベキューなどで直火で焼いた食事などは炭化が起きやすいので焦げた臭いのする体臭の原因になります。
肉やお魚、お米、小麦などが焦げると発がん性を持つ毒性の物に変化してしまう事があります。
特に肉や魚が焦げた時にはヘテロサイクリックアミン類が含まれるようになり、ワキや胸元など体毛の濃い部分などから焦げ臭い臭いのする体臭を出すようになります。

 

スポンサーリンク

 

【小腸に優しい物を意識して食べる】
焦げ臭い臭いのする体臭がする場合には、食生活の改善が非常に効果的です。
特に緑色の濃い、よもぎ、菜の花、ゴーヤ、春菊、大根の葉などは、とても効果的な食材として知られております。
また、カレーなどを作る時に使われているターメリックなども効果的です。
また、旬の食材を意識して食べる事によって、体調を改善させる効果が期待できます。
それぞれ季節の野菜には、その季節で最も必要な栄養素を含んでおりますので、野菜の旬を意識して食べるようにしてください。

 

急に焦げ臭い臭いのする体臭がしたらびっくりするかも知れませんが、キチンと原因が判明していればそこまで怖い症状ではありません。
前日にバーベキューなどをしていないのに臭いがでるような場合には、小腸が弱っている可能性がありますので、食生活を改善したり、睡眠時間をしっかりと確保するようにしてください。

 

スポンサーリンク