髪の毛 いい匂いにする方法

髪の毛をいい匂いにする方法とは

スポンサーリンク

風に乗っていい香りのするサラサラとした髪の毛は皆の憧れです。
特に、石鹸やシャンプーのような爽やかな香りは好印象でとても魅力的に感じます。
ポイントは強い香りではなく、ほのかな香りです。
香水やフレグランスなどのキツい香りが苦手な方でも、ナチュラルな清潔感のある香りが苦手な方はいないです。
特に、髪型をアップスタイルにしていると毛先がよく揺れて、風になびけば自然ないい香りが発生します。
では、髪の毛をいい匂いにする方法はと言いますと、それは正しい洗い方にあります。
汗をかくと必然的に頭皮が一番臭いを発する場所でありますから、正しい洗い方によって清潔に保つことで不快な臭いを防ぐことができます。
また、髪は短いよりも長い方がいい匂いを持続させます。
それは、毛先が長いからで、頭皮から離れた髪部分が広いほどいい匂いを保ちやすいです。
ただし、髪のキューティクルが剥がれていると臭いを吸収しやすいので、ダメージを抑えるケアが必要になってきます。

スポンサーリンク

まず洗う前に、よくブラッシングをしてほつれやホコリを取り除きます。
ブラッシングは、頭皮の血行の促進になり、髪の艶も出るのでやらないより試す方が実感できます。
その後、しっかりと頭皮や髪を濡らします。
髪に水分を十分に含むことで、ある程度の汚れを落としやすい環境を作ります。
また洗う際は、しっかりと泡立てた泡で細かく指先を動かしながら全体的にマッサージするつもりで頭皮を洗います。
その時に、爪を立てて傷付けないように気を付けます。
最後に、泡のゆすぎはしっかりと丁寧にします。
泡が少しでも残っていると頭皮のかゆみの原因になったり、トラブルの元なので考えるよりも長めにゆすぎます。
また、乾かし方にも注意が必要です。
自然乾燥などは言語道断で、髪の乾かし不足や、洗って濡れたままに放置していると毛先の傷みや臭いの原因にも繋がります。
そのような頭皮のトラブルを避けるためにも、しっかりと乾かしていきよい匂いを保ちます。
それでも臭いが気になる場合は、さりげない使い方で、ヘアコロンなどのコスメもオススメです。

スポンサーリンク