タバコ 体臭 消す

タバコの体臭を消す方法について

スポンサーリンク

 喫煙の習慣のある人は、自分では気がつかないうちに、タバコのニオイが衣類や髪の毛、皮膚などに染みついている可能性があります。
さらに、タバコは口臭の原因にもなります。
ヤニのニオイだけでなく、喫煙によって唾液の分泌が少なくなりますので、口臭がきつくなってしまいます。
ニコチンが肺から吸収されることによって、血管を収縮させてしまい、その結果血流が悪くなります。
血流が悪くなると、唾液の分泌量が減ってしまうという仕組みです。
 体臭が気になるのであれば、喫煙をやめることをおすすめします。
口臭防止のために、喫煙後にガムを噛む人は多いのですが、ガムの効果は一過性にものであり、噛んだ時だけとなります。
さらに、タバコが口臭をきつくする原因として、タールもそのひとつに挙げられます。
タールとは、いわゆるヤニのことです。
タールは歯にくっつきやすく、この歯についたタールが、口臭の原因となります。
ヘビースモーカーの方などは、歯がタールで黄色くなっていることが多くあります。

スポンサーリンク

 喫煙後の口臭を消す方法について、ご紹介します。
まず、喫煙後には口をすすいで、口の中のタールを洗い流すようにしましょう。
特別なうがい薬は必要なく、水だけで十分な効果があります。
そして、すぐに歯磨きするようにすると、歯に付着したタールを除去することができます。
歯磨きの際には、舌にもタールが付着していますので、舌も磨くようにしましょう。
 前述しましたように、唾液の分泌量が減少していますので、十分な量の水分を摂取するようにしましょう。
さらに、肺の中に残っているタバコの煙を、すべて体外へ排出させるために、数分間深く深呼吸を行うことも有益です。
ちなみに、タバコの煙は、無風状態で直径14mまで届くそうです。
煙とニオイは、思いがけない距離まで届いていることを認識しておきましょう。
ニオイの粒子は、ふわふわしたモノに付着しやすいという特性がありますので、髪の毛や衣服は、ブラシや手ではらうなどして、粒子を飛ばすこともおすすめします。
 

スポンサーリンク