肝臓 腎臓 体臭

肝臓や腎臓の機能が低下することで発生する体臭

スポンサーリンク

口臭や体臭は、匂いによってある程度原因を特定することが可能です。
たとえば甘い匂いがする場合には、糖尿病が原因となっている可能性があります。
糖質が血液に溶け込んで全身を循環するようになるため、全身から糖質の甘い匂いが出てくるようになるのです。
逆にファスティングダイエットなどによって体が栄養不足の状態になると、酸っぱい匂いが生じやすくなります。
つまりは口臭や体臭が発生した場合には、その匂いから原因を追究することで、適した改善策を選択できるようになるわけです。
逆に言えば、病気や体調不良を早期に発見して治していくには、日頃からの匂いチェックが肝心ということです。
チェックすることで、大きな病気の進行を食い止め、生命を失わずに済むということも、少なくありません。
とはいえ、自分の匂いは自身ではなかなか気づくことができない場合も多いです。
そのため、パートナーなどに尋ねたりすることも大事です。
口臭チェッカーや体臭チェッカーを使用するのもひとつの手です。

スポンサーリンク

匂いのチェックにより、ツンとしたアンモニア臭が生じていることが判明した場合には、特に注意が必要です。
アンモニア臭は、肝臓や腎臓の機能が低下している時に生じやすい匂いだからです。
肝臓は、食べ物が分解される過程で生じるアンモニアを処理して、尿素として腎臓に送り込みます。
そして腎臓はその尿素を、尿として体外に排出させるのです。
しかし肝臓の機能が低下すると、アンモニアは処理されることなく肝臓を通過することになります。
さらに腎臓の機能が低下すると、尿としての排出がうまくおこなわれず、アンモニアは体内に留まります。
その結果、アンモニアは血液に混ざり、体内を駆け巡り、体中から匂いを発生させることになるわけです。
アンモニアは、体にとっては毒となるので、そのため本来は老廃物として排出されます。
それが排出されないということは、体に毒を溜め込んだ状態でい続けるということですから、当然健康状態は悪くなります。
そのため、口や体からアンモニア臭が生じた場合には、肝臓や腎臓を労わるよう生活習慣を改善することが必要となります。

スポンサーリンク